fc2ブログ
01≪ 2024/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2012-12-27 (Thu)


著者の猪越先生は、77歳にしてなお現役で活躍されている中医学の先生でいらっしゃいます。

書かれている内容は中医学の五臓を分かりやすく説明してくださっているところから始まります。

そして、ご自身が実践されている生活や体の不調の改善方法を項目ごとに分けて書いてくださっています。

私がこの本で最も参考になったのは1章です。

老いは腎の働きが低下する「腎虚」(じんきょ)からと言うこと。
そして、「補腎」(ほじん)すると言う考え方。

とてもとても大切だと思います

特に冬は「腎」を意識していたのでとても参考になりました。

6章もとてもよかったです。

陰陽説のこと、「お血」(おけつ)のことも分かりやすく書かれています。

猪越先生が、中医学を家庭へ普及させることに努めていらっしゃるのがよく分かります。

中医学が初めての人にも分かりやすい説明で一度は読まれることをオススメします
(私は本屋で定価にて購入しましたが、中古も出ていますね

私も毎晩年賀状を書いて寝不足が続いているので、「目の下のクマ」がうっすらと
免疫力低下からの「口内炎」
などの症状を中医学からの視点で説明してくださっています。

ちょっと不摂生が続いているのでなるべく気をつけます




関連記事
| 最近読んだ本 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する