fc2ブログ
01≪ 2024/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2012-12-25 (Tue)
昨日は内田かつのり先生の身体で感じる解剖学ヨガを受けてきました

内田先生のwsを受けるのはヨガスマイルも合わせて5回目になります。

毎回、人体模型を使っての丁寧な解説と、実際に周りの方の身体で体感させてもらうことを通して、自分の中への落とし込みが意識しやすいので有意義な時間を頂いています

時間を少しオーバーしてまでも「何か分からないコトはな~い?」と、最後まで熱心に指導してくださいました。

今回はダウンドッグ(アドムカシュバーナアーサナ)だけに6時間

頚椎の一つ一つの構造から、肩甲骨、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨、坐骨、膝、スネの骨2本、かかとまで、形状と得意な動きとケガしやすい動きなど、分かりやすい例えで納得させてもらいます。
また、実際にその部分を意識しながらのポージングを取ることで、いつもとは全く違った感覚を感じることが出来ました

「骨って何だろう」「筋肉って何だろう」を踏まえてから今回受けたことがさらに理解度アップにつながりました。

「いつもは時間の関係ではしょるんだけど。」と言う骨の名前をたくさん教えてもらい、そこにまたがる筋肉をカラーテープで位置取りしながら、目で見て分かるようにしてから、そこの筋肉を動かしたり、鍛えたりする方法などでお互いにシェアしあいました。

なぜ、腰が丸いままで伸びないのか。首と肩が詰まってしまうのはなぜか。台形に近い形しか取れない方など、ダウンドックに関しては疑問がいっぱいでした。
身体の構造を改めて丁寧に分解しながら、筋肉と背骨の生理的湾曲を理解するとたくさんのつながりが見えてきました。

「ここの筋肉が弱いからこうなる。」「逆に、ここの筋肉が発達しすぎるとこれが難しい。」と、納得できる説明に、ただただ「なるほど~!」と思うばかりでした。

「使いたい場所の筋肉を先に緊張させるとそこに血液が集まり、伸ばしやすくなる。」
と言う理論は目からウロコでした

実際、ポージングしてみるとほんまによく分かりました!

パワーヨガのクラスの日には早速取り入れていきたいと思います

内田先生は相手とのコミニュケーションを大切にされます。

それは、自分のクラス作りにもとても重要で、参考になります。
生徒さんとの信頼関係の上でアジャストやアシストすることを強調されました。

ダウンドッグは自分の背中が見えないし、「これで背中がまっすぐなのかな?」と思っている方が多いと思います。
自分で体感して納得した、今回の学びの中から、もっとアサナを深めたい人に、的確なアドバイスをしてあげられるのが何よりも嬉しいです

何よりも、快適にダウンドッグを作れたらホントに気持ちイイので(私はダウンドッグのキープ中に「ヨガって最高!気持ちイイっ!」って思っているコトが多いです)そこに向かってもらえるような誘導をしていきたいです

最後には「ヒラメ筋」「ひ腹筋」を感じられるポーズをしながらダウンドッグを深めていき「こんな所にもまだ、伸びしろがあるのか~」と人間の身体の面白さ、素晴らしさを実感しました

「僕の木曜日のクラスはもっとキツイよ~」と言われていました。
ちょっとコワイけど、東京まで受けに行こうかな

お楽しみwsでは、美味しいクッキーとハーブティを頂きました
鍼灸師としての内田先生もまた、素晴らしいです

ツボをたくさん教えてもらいながら、ケガなくできるマッサージの仕方を教えてもらいました。
習ったばかりの骨、筋肉を使ってのほぐしなど、復習にもなりよかったです

初めて鍼を使っての治療も見せてもらいました。

めまいや耳鳴りにも効く、耳の付け根の上のツボもお初でした

こうして筋肉を知ってツボの効果を思うと、納得できることばかりです。
(なぜ、承山が腰痛のツボなのか。など)

身体はパーツごとに分解できてもやっぱり一つなんだ、という「整体観」にもつながります。

今回も北海道、名古屋、岡山など遠方の方が受けに来られていて内田先生の人気の高さがうかがえました

私も家族に留守番してもらいながら受けた甲斐がありました
楽しかったですし、ホントに勉強になりました

来月も「骨盤セラピー」を受けに行きます
骨盤も知りたいことだらけなので、やっと受けられる機会に恵まれました。

内田先生と家族には最高のクリスマスプレゼントをもらい、私は幸せ者です
ありがとうございました

内田先生、来月も楽しみにしています









関連記事
| ヨガのいろいろ | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する