fc2ブログ
01≪ 2024/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2019-05-23 (Thu)



令和元年初の音波浴ヨガ🧘‍♀️


今回は、とても素敵な場所

懶雲洞(らんうんどう)という離れを貸していただける事になりました✨

先日、下見に行った時に、白沙村荘の橋本関雪記念館の
お庭と美術館を案内してもらいました。

それはそれは素敵な空間でゆっくり散策と鑑賞をさせてもらいました(´∀`)

銀閣寺の近くにこんなに素晴らしい場所があるなんて全く知りませんでした。

季節によって展示されている絵も変えられている
との事なのでまた、伺いたいです✨



さて、話しは変わりますがヨーガについて少し詳しくお話しします。

ヨーガの流派はいくつもありますが、目指すところは
心の働きを自動運転から手動運転へシフトして静かにさせること。


私の「心」(こころ)さんってほっとくと
自動運転なんです。


記憶を勝手にさまよいます。


戻らない過去に後悔もするし、あの時は
良かったなぁってついつい思い出の中に
身を置きたくなったり、
思い出し笑いした経験ってありますよね。


そして、未来にも一瞬で行ってしまいます。


まだ起きてもない出来事をリアルに感じて
不安でドキドキしたり、恐れてすくんでしまったり、
眉間にシワを寄せるほどの
悩みの種になってる事もあると思います。


そんな心さんを私が主導権を持って、
あちこち勝手に出歩かないように、
手動運転に切り替えるために、身体を使って、
いろいろなポーズや呼吸法を行います。


身体を動かすことに集中するのも、
呼吸をゆっくりしたり早くしたりするのも
意識しないと出来ませんよね。


一心専念
ひとつのことを集中して行うこと。


これがヨーガのスタートラインです。


そして集中しながらも意識を分散させて、
鳥になったように全体的に眺めて観察してみます。


このような時間を過ごすことで、
頭の中のおしゃべりはいつの間にか消えて、
心さんも気がついたら落ち着いています。


美味しい物を食べた訳じゃないのに、
海外旅行に行けた訳じゃないのに、
幸せ感が溢れて私も私の心さんも満たされます。


そして、心さんの思い込みや勘違いで
受け取ってしまった記憶の整理は、
その事柄について集中して調べる瞑想を
することにより、新しく上書き保存
する事が出来るのです。


ヨーガの中には集中する瞑想と、
意識を分散させて観察する瞑想の
2種類とも入っているのです。


ヨーガには4500年とも、5000年とも言われる歴史があります。


その伝統のある智慧をストレスフルな現代に活かすことはとても有効ですよね。



私が音波浴が好きな理由は、
アルファー波と呼ばれるリラックスできる音の波動、
その上のシータ波と呼ばれるさらにリラックス効果の
高い音を耳だけでなく全身にお風呂に入って
いるように浴びることができるところです。

rauunndo.jpg

今回貸してもらえる懶雲洞(らんうんどう)と呼ばれる
お部屋は大通りから少し奥まった場所にあり、
静かに集中出来る空間です。


森に中の別荘に来た感じ。


橋本関雪氏が絵を描くアトリエとして使われていた
古い建物です。


懐かしい、おばあちゃんちに帰ってきたような
ホット出来る空間。


写真のテーブルやソファーは当日片付けて
栗の木の素材の床に座ってもらいます。


タオライアーの音色と、
たくさんのシンギングボウルの重なる音色と波動に
包まれて、誰にも邪魔されることのない安全な
安らぎを感じてもらえるひと時を過ごして
もらえるような、そんな音波浴と
ヨーガのコラボレーションをしていきます。


日時: 令和元年6月29(土)
  13:00~14:30
場所: 白沙村荘 橋本関雪記念館 懶雲洞
住所: 京都市左京区浄土寺37
白沙村荘アクセス(今回のお部屋、懶雲洞への入館料はいりません)
バス停: 「銀閣寺道」下車すぐ
料金: 大人.3500円、中高生1000円、小学生以下500円
持ち物: ヨガマットかバスタオル、水分、ブランケット、フェイスタオル



どうぞタイミングの合う方、老若男女を問わず
ご参加をお待ちしております^_^


初めて会う方も大歓迎です✨


お問い合わせ、ご質問等がありましたら
随時ご連絡をお待ちしております。


お申し込み、お問い合わせ先
メールアドレス
saganoyoga@gmail.com
関連記事
| ワークショップ・講座 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する