fc2ブログ
01≪ 2024/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2018-12-19 (Wed)
2018120501.jpg

11月末に比叡平のお友達のうちへお邪魔した時に

カフェ・ネスト
https://tabelog.com/shiga/A2501/A250101/25008801/

さんへ行ってきました。

伺うのは3度目ですが、
月替わりのメニューなので
前回とはまた少し違うおかずの
20種類のお野菜プレートランチは

とても美味しかったです(^∇^)ノ



先日、12/16(日)は9~17時みっちり9時間、

臨床心理士で公認心理師の鎌田穣先生から

学んできましたp(*^-^*)q





私たちは気がつかないうちに

いろんなこだわりを持って生きています。



例えば昔の私だっだら、


・健康でなければならない

・勉強が出来なくては将来生き残っていけない

・子供は親の言うことを聞くべき

・親を悲しませてはいけない



などなど、数えたら怖いくらいの

こだわりがありました(笑)




このこだわりポイントは人によって違うけど、

皆さんもたくさんお持ちなんですよ。





ヨーガ療法士になってからは

このこだわりや執着について気がついて

手放せるように練習していきます。


手放す、というのは全部捨てちゃうわけではなくて、

自由に使いこなせるようにする。


という意味です。





今年でニケタン5年目の学び。



ずーっと

心身両面のヨーガ療法を学ぶことで

まずは私がどんなこだわりがあるか、

そこに気がつけるようになりました。




そこから今は

そのこだわり、執着が

苦しみやストレスになっていること、

そして、自分自身が作り出していることに

クライアントさんに気がついてもらえるような

お話の聞き方、話し方を練習しているので

周りの方々への接し方も変わりました。



ヨーガ療法を受けに来てもらった

クライアントさんへは、



過去の原因を特定できても

過去を変えることはできないので

原因をいったん考えずに、

積極的に解決像を構成していく

自己努力によって解決できるものを

一緒に探していきます。



そのことによって

未来は今から変えられます。




本来のヨーガって

心を自分でコントロールできることを

目指しています。



例えば、

子どもが不登校で家に閉じこもっていても

私がモヤモヤする必要はありません。




親に何か言われたとしても

私が落ち込む必要はありません。




だって、私の心は

私自身がコントロールできるものだからです。





子どもや親が

私の心のカギを握っているの?





・・・・違いますよね。




私の心の平安のカギの所有者は

私自身です。




子どもが不登校で家にいてイライラしたり、

落ち着かない時間を過ごすのであれば、

「この状況で私が平安な心持ちで過ごすためには

何ができるかしら?」

と解決策を考えてみましょう。



親にひどく傷つけられたのであれば

親の言動は変えることができないので

「私が傷つかない、モヤっとしないようにするためには

私自身がどうしたらいいかしら?」


と自分でできることを探してみます。





おちいりやすい考え方に


「早く学校に行ったらいいのに。」


「もう少し私を理解してお話しを聞いてくれたらいいのに。」



って、思ってしまいがち。



それが執着ポイントです。

相手に望むことは、自己努力ではないですよね。




ヨーガ療法での解決策としては



自分では見つけにくい悩み、苦しみの

もとになっているこだわりポイントを

一緒に見つけていきます。




そして、クライアントの自己努力で

変えることができる案を

一緒に考えていきます。



もちろん、緊張が強すぎて

身体がカチコチになっているので



アーサナ、呼吸法、瞑想での

ヨーガもしていきます。




ヨーガ療法のアーサナは視床下部を

緩ませるアーサナなので

シェイプアップや体力増進のための

アーサナではありません。



また、興味のある方、もっと詳細を聞きたい方は

いつでも連絡くださいね(^^)


関連記事
| ワークショップ・講座 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する