fc2ブログ
01≪ 2024/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2012-10-06 (Sat)
今日はちょっと早起きして、家族の朝食・昼食も用意して、建仁時で行われている関西最大級のイベント、ヨガスマイルに行ってきました

毎年春と秋に開催されているイベントで、流派を超えて多彩な顔ぶれの講師の方々のワークショップと、ヨガウェアの販売なんかもあり、とても楽しいイベントです

今日のレッスンは朝一番の内田かつのり先生

ヨガのインストラクターでありながら、鍼灸師で、中医学にも深い知識をお持ちのとても素晴らしい先生です

内田かつのり先生のブログでも書いていらっしゃるように、今日は肩甲骨に焦点をあてたクラスでした。

人体模型と肩甲骨だけの模型(ドイツから輸入されたそうです!)を使っての説明で、
ボンヤリとしていた肩甲骨の動き方がハッキリと分かりました

実際に、隣や前後の方とペアでのワークによって肩甲骨とそこに引っ付いてる肉の間に手を入れることが出来たり、肩周りのインナーマッスルの鍛え方も教えてもらったりと、内田先生の肩甲骨への思い入れが熱く伝わってくる内容でした

「ここは触ってもケガしない箇所だから。」と教えてもらいながら、肩甲骨を感じることが出来たので、自分のクラスでもペアリラクゼーションの時間に取り入れることにします

後半は実際にポーズをとりながら自分の身体で筋肉、骨を感じて1時間弱動いていきました

「今日は軽めのアーサナだったんだけど。」と言われていましたが、どうして、どうして・・・

「アシュタンガよりもきついんちゃう?」と言わんばかりに筋肉がプルプルし通しでした

座学のときや、解剖学のWSの時と同じく涼しい顔と口調で、熱いポーズも誘導してくださいました。
また、見本ポーズがめっちゃ美しい
最後の呼吸の時の安楽座の時のS字カーブと腰の立っている状態、肩の落ちたライン、見事なスカアーサナです
(センセイ、目を閉じてなくてゴメンナサイ見とれてました

骨の動き方、筋肉の動き方、アライメント(姿勢)、ポーズをキープする時の
注意の向け方などがとても的確で分かりやすく、
自分の内側へどんどん意識が向けられました。

キツイ中にも、ポーズが深まるときのあの感覚

なんとも心地よく、「ヨガって最高あ~気持ちイイ

とエネルギーが全身を巡る気持ちよさに夢うつつでした

「ここまでと思ってるけど、そうじゃないよ~。もう1cm深められるよね~。」と自分の限界やと思っているトコでとどまるのではなく、目覚めていない筋肉や意識を起こしてくれる誘導に、前向きな気持ちと可能性を広げてもらえました

たまたまクラスで一緒だったハッピーヨガの仲間も「今までのヨガスマイルの中で一番収穫があったわ」とスッカリ内田ファンになっていました

12月後半にタミサで行われるWSも一緒に行けたら行こう!と盛り上がって帰ってきました

内田先生から学んだことは、自分のクラスでも大いに役立ちそうです

もちろん、自分のヨガを深めるためにも

腕の動きがすっごくスムーズになり感動です

次回も楽しみにしています






関連記事
| ワークショップ・講座 | COM(7) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する