fc2ブログ
01≪ 2024/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2012-09-22 (Sat)
今朝、子どもたちと主人の両親、兄と兄の子とお墓参りに行きました

みんなで、草むしり&お掃除

「ご先祖様のお陰で、毎日元気に暮らせています。
子どもたちもスクスクと成長しています。」とお話してきました。

私は16歳で祖父が他界するまで一緒に暮らしていたのでとてもおじいちゃんっ子でした。

なので、ご先祖様も大好きです

どのくらい先祖が好きかと言うと、20代の頃に自分で役所に行って
戸籍謄本や除籍謄本を取りにいき、マイ家系図を作ったくらいです

私の旧姓の家系図は巻物タイプでちゃんと、家系図屋さんに、作ってもらいました

母方の先祖は、母の叔父の家に行き、
やっぱり家系に関心がある先祖がいたようでだいぶ前まで調べることが出来ました。

主人の実家は今、0歳の甥っ子を入れると、14代まで分かることになります

「ご先祖さまの苦労があって、今の私がここにいるんやなぁ
「この方たちの誰か一人だけ欠けても、子どもたちに出会えなかったのね

などと、遠い昔に心をはせて幸せな気持ちを味わえることが好きです

また、具体的に名前が分かると、とても親近感が沸きます

ほんまは毎日こうして、ご先祖様に感謝の気持ちを
持ち続けていられたらいいのでしょうが、なかなか自分のやることばかりに
追われてしまっているのが現状です・・・

でも、毎日忙しくても出来ることがあります。
それは、今一番近いご先祖さまの両親を大事にすることです

こうして、可愛い子ども達に命をつないでくれたのも主人を産んでくれた両親のお陰。

うちは実家が離れている分、主人の両親にとても助けられて、
とても大事にしてもらっています

子どもたちは、主人の両親をとても大好きに育ってくれているので
それが何より一番嬉しく思っています

このように、私に命のリレーをつないでもらえたことに感謝です









関連記事
| 家族 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する