fc2ブログ
01≪ 2024/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2012-09-21 (Fri)
お彼岸も近くなってきました

吹き抜ける風にの気配を感じますね。

「涼しくなってきても、まだまだ疲れ気味で夏バテが続いているのかなあ

と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

中医学では自然のサイクルと私たちの身体のリズムも調和を取りながら健康を維持していると考えています。

秋は湿度も下がり、乾燥が影響する「」を中心とした呼吸器系官がダメージを受けやすくなります。


中医学でいうところの、五臓の「肺」は、西洋医学の「肺」のほかに、
気道で 肺と繋がっている鼻や のど、気管支、皮膚呼吸をしている皮膚などを含めた
広い意味での呼吸器系を指します。

夏の疲れから、消化機能が低下しての栄養不足や
ストレス、寝不足などによる免疫力低下により、
乾燥」によるさまざまな影響が現れやすくなります

乾燥の影響で肺の潤いが不足すると、
血液が汚れた状態(お血(おけつ)といいます)となり、
生理痛や生理不順などになりやすくなります。

また、皮膚にも影響があり肌荒れ、アトピー性皮膚炎にもつながります。

冷え性など、呼吸器系だけでなく体全身にも影響がでてきます。

風邪やぜんそくのアレルギー疾患も悪化しやすくなります。

先日、体験に来られた生徒さんも「セキが止まらなくて・・・」とおっしゃっていました

このような症状が見られたら、体が乾燥のシグナルを出しているので、
病気にならないうちに早めに対処しましょう

乾燥を防ぎ、体を元気にしていくには、
呼吸器系を鍛えるとともに、肺を潤す食材を 積極的にとることが大切です。

呼吸器系を鍛える手軽な方法は「深呼吸」です。
ヨガでは、呼吸をとても重要視します
気持ちをリラックスさせて、呼吸を深めていくようにレッスンでは誘導していきます

自然に恵まれた環境で行うと、より潤されますね
来月は、同期の方々とお外でヨガしようかと、計画中です


肺を潤す食材としては、梨、ブドウ、百合根、レンコン、白キクラゲ(コラーゲンがタップリです!)、ハチミツ、
白ゴマ、豚肉、イカ
などです。

特に、梨は咳止めにも効果的とされ、のどや肺を潤してくれます。

肌荒れや貧血、髪のパサつき、抜け毛は気になりませんか?
栄養を体のすみずみまで運ぶ血液のパワーが不足していることが原因の一つです。

補血作用のあるヒジキやアサリ、カキ、イワシなどの魚介類、
鶏肉や羊肉、黒豆、ニラ
などを メニューに加えるといいですね。
ナツメやクコの実などもオススメですよ

冬の寒さに備えて今日からでも明日からでもさっそく献立に加えてみてくださいね。

関連記事
| 中医学のいろいろ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する