fc2ブログ
01≪ 2024/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2014-01-27 (Mon)
先週、日本ケアリングヨーガ療法協会で講師を務めてくださった万里先生のヨーガ・セラピーを受けてきました

ケアリングヨーガで2日目にマットを使ったレッスンをしてくださったのですが、
高齢者を対象としたレッスンだったのに、あまりにも気持ちよくて一緒に受講した
ヨガ友の何人かは寝落ちしていました

私も、とても感動しました。あまりにも心に染み入るレッスンだったので、
これは、万里先生のいつもされているレッスンに是非とも参加したいとお願いして
念願叶い、ヨガ友と電車で1時間半かけて旭区民センターまで行ってきました


20代から60代が20名以上の中、みんな個人個人が自分の時間を集中してレッスンを受けていました。
私も仰向けやうつ伏せになるたびに、何度、寝そうになったことか・・・

はぁやっぱり誘導上手やわぁ

アイソメトリックの動きもたくさん取り入れながら、身体の意識を向ける場所への声掛け。
少しずつ心をほぐすような言葉も取り入れながらの90分のレッスンはあっという間。

遠いところを受けに行った甲斐がありました!

その後、先生とランチをしながら色々先生のこと、ヨガのことをたくさんおしゃべりしました

万里先生は18年くらい、スポーツクラブでイントラをされていたそうで、
身体のしくみについても、よくご存じなので、5月に解剖学を京都で開催してもらうつもりです

私は筋肉・骨好きなので、話も盛り上がりましたよ

万里先生とのお話の中で「私は、自分自身の本質を適切に理解していないんだなぁ。」
と、気が付かされました。

万里先生は「そのままで十分いいんですよ
と言われました。

私の「何かがまだ、自分に欠けている」と思っているところがあることを見てそのように
言われたのだと思います。



この本のP34にまさしく今の私に向けた文章が書かれていました。

その1部を抜粋します。

・・・・外にある物を得ようとしたり。状況を変えようとしたり、”満たされていない自分”を満たすために何かを探し求めます。

特に

☆自分を満たしてくれるような気にさせる物事を求める傾向があります。
「ラーガ(好き)」

☆自分の足りなさを思い知らされるような事柄を避けたがります。
「ドゥヴェーシャ(嫌い)」

この”好き・嫌い”という2つの感情が動機となる場合、時に「ダルマ(調和}」
に反することもあります。


行いの結果を得るだけでは、人は個人ゆえの”全体から離れている恐れや不安、
何か自分に足りていないという悲しみ”を根本から癒すことはできません。
どんな行いをしても満たされないから行いは続き、探求は終わることなく、
人はカルマの法則に束縛されたままめぐり続けます(「サムサーラ(輪廻)」)。

そこから抜け出す唯一の可能性は、最初から満ちている自分自身の本質を知り、
無知を取りのぞくこと。

全体と個人は離れることなく、満ち足りた存在であるという真実を理解することで、
あらゆる問題の根である無知が手放せます。



もっと文章は続きますが、ハッとさせられるでしょ

バガヴァッドギーター、深いなぁ。
関連記事
| ワークショップ・講座 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する