fc2ブログ
12≪ 2014/01 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014-01-07 (Tue)
主人の母と私は好きなものの趣味が割と似ているところがあります。
(関係ないけど、四柱推命ではお互いの日柱が「壬午」)

私も主人の母も、今ほど、化粧品や食品の表示に一般の人が騒いでいない頃から
関心を持っているところもその一つ。

私は、小6の時の担任に勧められて読んだ「複合汚染」を読んだ時のショックは相当なものでした。

それ以来、商品の成分表示を見ることは欠かしません。

主人の母も30年以上も前からこのような事に関心があり、
添加物の事について書かれた著者に直接電話して話を聞いたことがあるそうです。

でも、私も主人の母も決して完璧に排除して選別しながら生活しているかというと
そんなことはなくファミレスにも行くし、スナック菓子もインスタントラーメンも
主人も子供も好きなのでたまに食べます。


今回は、そのての話しじゃなくて、主人の母が読んでいた本が私の興味がある
ジャンルだったのでご紹介します



車の緊急の時に来てもらうJAFの月刊誌に毎月一つずつ「未病にきくワザ」として
紹介されていたものの中で、反響の多かったワザをより詳しく紹介して集めたものです。

2冊あり、この、黄緑色の表紙のは2冊目です。

2冊とも読んだ感想としては、ワザのジャンルが多いのでどなたでも、
健康に興味のある人なら楽しく読める本だなぁ。

と思いました。

ワザを教えてくださっている先生はその道のプロの方ばかりで難しい言葉も
分かりやすく解説してくださっています。

1冊目のワザからは・・・

・「体温+4℃入浴法」
・・・なぜ低い体温がよくないのか?
の説明が分かりやすく書いてあります。
(分かりやすく説明してくださっていますが、長くて文章に起こせなくてゴメンなさい。)


・「血管マッサージ」
・・・身体は、細胞が働いている組織には血液を十分流し、
働いていない組織へはあまり流さないように血液の量を調節しています。
血流が少ないと細胞は衰えていきますが、血管マッサージで刺激すると、
動脈の表面にびっしり張り付いている血管拡張神経が興奮して動脈を拡張させ、
その部分に血液を流し込みます。
すると栄養と酸素が回り、細胞が息を吹き返します。

おぉ、そうなんですね
なんとなく分かっていたけど言葉にはできなかったことが、ハッキリと分かりやすいです!


・「壁スクワット」
・・・老化や姿勢の悪さ、運動不足などが原因で股関節の可動域筋力が減ってくると、
膝や足先までの関節や骨の並び方(アライメント)が悪くなってくる。
アライメントが悪くなると、姿勢がさらに悪くなるという悪循環に陥り、
ちょっとした動作でも身体に大きな負担がかかるようになるという。
「その悪影響は、まず体のつなぎめである関節部に表れます。
関節周囲に使いすぎ症候群が起こって機能が衰えるのです。
(中略)慢性的な腰痛や膝痛の原因が股関節にあったということは珍しくなく・・・・」

そうそう!姿勢!運動不足!やっぱり股関節!

他にも
・スロトレ
・指回し体操
・アロマセラピー
・お日さまセラピー

などなど興味のあることがたくさん載っています。


2冊目も私の興味のあるワザとしては・・・
・にんじんジュース健康法
・がんばらない健康法
・つむじ押し健康法
・四股トレーニング
・大腰筋トレーニング
・顔ストレッチ

などなど、どのワザも知っていて損のない内容です。

免疫力、自律神経、セロトニン、筋肉、骨、etc・・・


興味のあるキーワードが多くてマーカーでラインを引きたい文章が山盛りでした。
(中古で1円やし買おうかなぁ、と思案中です

イラストも、どのワザにも載っていてツボもイラスト入りやし分かりやすいです!


そして、昔に読んだことがある人も多いとは思います。
とても心に残る一冊なので、まだ読んでない方は一度は読んでみてくださいね。



| 最近読んだ本 | COM(0) | | TB(0) | |